画力を上げるには?(コラム)

どうも遊び屋です。

今回は画力についてお話しします。

ぶっちゃけ知らんです。

自分も画力をどう上がるかはわからないですが、よく人が言うのは解剖学というの学ぶといいらしいです。

解剖学は筋肉の動き骨などの体の構造の勉強ですね。右を向いたら首の筋肉はどう動くのか骨はどうなるのか?と言うすごく細かいところを学ぶ必要があります。

確かにこれを学ぶととても画力が上がると思います。

しかしすごく時間がかかりそうですね。効率よく絵が上手くなりたい方にはよくないかと思います。でも高画力にするには絶対通る道ですね。

次にクロッキー。

クロッキーは速書きといい自分で定めた時間内に絵を描き切る練習法で体の構造を知っていないとできない中級の練習法だと思います。

最初はうまくできないですがやっていくうちにコツを掴みうまくなれると思います。

これは私もやってます。この練習方は効率的にはとてもいいですが細かい画力は上がりません。なのでモブとか描くときは役に立ちますが見せたいシーンとかでは少し画力不足になります。原作しか描かない私からしたらこのレベルで満足ですが両方やる方は足りないかもです。

次に模写。

模写は誰でも時間をかければ上手くかけます。しかしその反面しっかり考えて描かないと画力は少しも上がりません。模写で練習するときの重要なところは完成された絵の構造を理解して描くことです。そうすれば発見が見つかり少しずつ画力が上がると思います。